2016年12月07日

小林泰子 → 樫尾聡美

MIU ART BOX の展示が、小林泰子さんから樫尾聡美さんのテキスタイル作品(画像)に替わりました。会期は、2016年10月31日(月)まで。ここ宇野港は、直島豊島小豆島高松への海の玄関口。瀬戸内国際芸術祭 2016 も開幕中 😊

→続きをよむ

2016年12月07日

岡山アート回遊

岡山県立美術館(画像)を中心として、多くの文化施設、ギャラリーが点在している岡山市玉野市赤磐市周辺での興味あるイベントをご案内。情報は、適時更新(誤載に留意していますが、ご確認願います)します。倉敷編は、こちら

→続きをよむ

2016年12月07日

倉敷アート回遊

大原美術館倉敷民藝館(画像)など、多くの文化施設、ギャラリーが点在している倉敷市総社市笠岡市周辺での興味あるイベントをご案内。情報は、適時更新(誤載に留意していますが、ご確認願います)します。岡山編は、こちら

→続きをよむ

2016年12月07日

入院日記 その4

平成25年(2013)3月25日の午前9時、岡山済生会総合病院の30代半の手術担当医3人が病室に代わる代わる挨拶に来られる。執刀医は、名医・赤在義浩先生。午前10時、感染予防のイソジンガーグルでうがい。午前11時、女性看護師に恥毛の処理して貰って、シャワーを浴びる。

手術に備えて、1階の売店でリネン類(オムツやバスタオルなど)を購入して名前を記入。午後1時、排便。午後3時、下剤をコップ1杯飲む。体重64.2

→続きをよむ

2016年12月06日

入院日記 その3

話が前後しますが、先日のホワイトデーに還暦となる誕生日を母、叔母、義妹、会社のスタッフに祝って貰いました。画像上は、夕方に来院したパートナーからスーリィ・ラ・セーヌのイチゴ・ケーキで祝って貰った瞬間 d(>_・ )グッ!

そして今日が退院日で、岡山済生会総合病院への転院準備をする。画像下は、倉敷国際ホテルなどを手掛けた浦辺鎮太郎が設計した玉野市民病院のロビー。そこに置かれていたマガジンラックにマガジンハウスの雑誌を置き土産(笑)。

2016年12月05日

入院日記 その2

離島生活支援船の業務中、普段問題の無かった坂道途中で息切れし、その事を家庭医に告げて極度の貧血が発覚。玉野市民病院での診断で、悪性の大腸ポリープからの出血が原因と判明、2月26日に即入院となりました。

鉄欠乏性貧血(画像は、鉄剤の静脈注射)のため外出禁止でしたが、運動を兼ねた散歩という名目で時々自宅に戻って入浴したり、スーパーで総菜を買って病院食に彩りを加えることを覚えて以降

→続きをよむ

2016年12月04日

入院日記 その1

平成25年(2013)2月26日、極度の貧血の検査のため玉野市民病院へ。自分としては、直ぐに仕事に復帰出来るとタカをくくっていたのですが、なんと貧血の原因が悪性の大腸ポリープによるものと判明、即入院! CT では、転移が無いよう

→続きをよむ