2015年03月26日

才取り(さいどり)

家業で海上貨物を取り扱っているので、才取り計算は、文字通り日常茶飯事(笑)・・・元々は、船の積荷の容積を求める為に生み出された計算法で、1立方を1才(8kg)と定めました。

1立方尺は、 0.303m × 0.303m × 0.303m =

0.027818127立方m で、その35倍が約1立方m = 35才= 280kg です。

例えば、一辺50cm の四角い箱は、0.5m × 0.5m × 0.5m × 280 = 35kg となります。箱の実重量が1kg以下でも、貨物運賃の計算では、この才取り値が適用されます。

コメント (2)

約1立方m = 35才= 280kg  目に鱗です。 ということは、 才取りの 才(さい)とは・・・ 3(さ)と5(い)の35才でしょうか?
さいでしょうかねぇ(笑)・・・自分が思うには、妻をめとらば(三十路の)「才」たけて みめ麗しく情けある・・辺りからの活用では、ないかと推察しております?(^^;)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)