2018年12月23日

宇野港フェリーターミナル整備事業

画像上は、2007年5月、連休中の宇野港フェリーターミナルの光景。ウッドデッキで寛ぐ人や、旅客同士が「行ってきま~す」と「行ってらっしゃ~い」のエール交換があったりで、いい感じ。

画像下は、2002年7月に完成した宇野港フェリーターミナル・離島航路棟の平面図。当初、原案のようになる予定でしたが、諸般の事情により決定案のように規模が3分の2に縮小され、手足をもぎ

取られるような結果となりました。ただ、ターミナルの背骨となるボードウォークの敷設が、岡山県の協力で実現されたのが、せめてもの救いでした。あれは他力の成せる技だったなと、今も思い返す宇野港フェリーターミナル整備事業です(^^;)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)