2015年04月25日

企画展まで1週間

今夏、ともに岡山にゆかりをもちながらもジャンルも作風も異なるふたりの現代美術家が、ビニール・ハウスを用いたインスタレーションを行います。会場に「透明な境界の家」が与えられたとき、ライブ感あふれるふたりの作品はどのように干渉しあうでしょうか。

展覧会名に冠したビニール・ホームという語は、外界から遮断された建築空間としてではなく、生活や日常をともなった社会的空間を指す意味とし

て用いています。ビニール・ホームの「vinyl」は光を透過する壁面の象徴として、「home」には家庭、生息地、故郷の意を込めています。そのときに現れる(あるいは解消される)、内外のあいまいな「境界」は現代においてどのような意味をもつでしょうか。暑中の会期となっておりますが、ご高覧いただけたら幸いです(那須孝幸)。


NEWS! ご案内します (^_-)-☆

企画展:ビニール・ホーム ~ 透明な境界の家(終了)
    サトウリツコ岡部玄
会 期:2008年8月12日(火)〜8月17日(日)
    9:00~17:15(会期中、作品の公開制作あり)
入場料:無料
企 画:那須孝幸(キュレーター)
主 催:大前 裕(MIU ART BOX
会 場:倉敷市立美術館・第一展示室
    倉敷市中央2-6-1
    086-425-6034


総社市出身の彫刻家・岡部玄さんと倉敷市在住の画家・ サトウリツコさんによる初のコラボ展のオープニングまで、1週間と迫りました。作品の制作状況も順調のようだし、約1,000枚のフライヤーも発送を終え、ポスターも岡山、倉敷市内など各所に掲示し、ご案内させていただいております。人事を尽くして天命を待つ心持ち(⌒_⌒)

コメント (2)

DM届きましたー!! スゲーおしゃれなデザインで、最初何なのか分からなかったですw デザイナー失格ですね。。 このDMでしっかり魅了されました。おもしろそうですねー。 お盆のこの時期、なかなか自由に動けないのですが、なんとか時間つくってお伺いできればと思っています。
AGHOME さん! コメントありがとうございます(⌒_⌒)  凄く面白い展示になると思います。もし、来倉されることになりましたらご連絡下さいね。ブログ・「AGHOME」、リンクさせていただいています。今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)