2018年11月24日

ジョージナカシマ記念館

かつての新宿西口ハルク(今や昔・笑)や、メトロポリタン美術館のジャパンギャラリーで、魅了されたマスターピースを多数展示しているジョージナカシマ記念館心石工芸代表の心石拓男さんや、ハルミファインクラフト代表の守屋晴海さんからは、クラフトマンとしての視点から、記念館の豊田洋一さんからは、桜製作所の歴史やエピソードなど、貴重で機知に富んだ解説を聞きつつ、一点一点の作品を愛でてきました。

NEWS ! ご案内をいただきました (^_-)-☆

個 展:中臣 一・竹藝展
会 期:2018年11月23日(金・祝)〜11月29日(木)
    10:00〜18:00
会 場:桜ショップ 高松店
    香川県高松市天神前4-32
    087-831-8866

竹工芸の地平を少しでも拡げたいと思いながら仕事をしてきました。構造、形態、表層、仕事の範囲 ・・・40歳を過ぎた頃から、ようやく竹の自由さに心が寄り添えるようになりました。竹らしくない、けれども竹でしかありえない。そういう自分の仕事を見ていただくために、5年ぶりの個展を開くことにしました。ジョージ ナカシマの家具の重厚感と、竹の軽やかさの対比もお楽しみください(中臣 一)。


それにしても、直島にベネッセアートサイトが、丸亀に猪熊弦一郎現代美術館が、牟礼にイサムノグチ庭園美術館が、犬島に製錬所美術館が、そして、牟礼にジョージナカシマ記念館がオープンするとは、帰郷した28年前には、夢にも思いませんでした。

心躍らされ、勇気づけられる、こうした「施設」を開設、維持、発展させ続けている関係者の皆さまに、心よりの敬意と感謝の気持ちを献げると共に、自分も微力ながら何らかの形で社会にお返しをしなければという気持ちを一層強くした次第。

画像は、記念館の1階に設けられている「世界一贅沢なカフェ」で寛いでいる美術家・山田 茂さん・・・至福の時とは、このことでしょう。

コメント (7)

あらららら...いつのまに。 昨日はありがとうございました。とてもいい一日を過ごせました。
こちらこそ、お世話になりました。ランチで訪ねた店は、設えは楽しかったけれど、肝心の「うどん」が今一でしたね(笑)。 昨年、知人に誘われて「讃岐うどん遍路」をした時のレポートがこのブログ内にあります。また、ご一緒しましょう! ご参考になれば幸いです(⌒_⌒)
遅いコメントでごめんなさい。 ホント楽しい旅でした。 またご一緒したいですね。 直島に行くときは連絡します!!
心石さん! コメント、ありがとうございます。 機会を作って御社のショールームにもお邪魔したいと考えております。今後とも楽しいお付き合いをお願いします (^_-)-☆
カフェの写真に 釘付けで。 ゆかねばっ!とおもって入館料を見たら ・・・いけない。 せめて HPで、・・・。 おや? ディスカウントされていますね。 500えん。 これなら行ける(爆! れっつごー
ブッ! こそっと訂正しました(笑)。 C。さん どこかでニアミスしてますか? もしや、図書館へお勤めの・・・ご指摘ありがとうございます(^^;)
ご明察! 勤務日以外にも図書館で会える、ワタクシですw. 半地下のギャラリーでも お会いします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)