2018年08月08日

アートスペース感にて

昨日は、野村直城さんの新作を見るため京都のアートスペース感にお邪魔しました。

野村さんは、憧れていたギャリーからのオファーによる企画展とあって、何度も通い詰めて展示構想を練ったそうです。ビビットな上絵の具の色と複雑で淡い釉薬の色調を纏った洒脱な造形が、静謐な空間を彩っていました。「土のうたう」というタイトルも、絶え間なく浮かんでは消えてしまうイメージの刹那を愛おしむ趣があり納得です。

今回は、和服の女性が見つめている作品(画像)と別の小品を1点譲っていただきました (^_-)-☆


NEWS! ご案内をいただきました (^_-)-☆

企画展:堀越千秋・版画遺作展
会 期:2018年9月11日(火)〜9月23日(日)
    13:00〜19:00
会 場:アートスペース感
    京都市北区堀川通今宮一筋下ル東入ル
    075-495-4158

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)