2018年05月12日

フチューラ・フルールにて(閉店)

先週の火曜日、予約無しで飛び込み無念の涙を飲まされた倉敷のビストロ・フチューラ・フルールのリベンジ・ランチ(笑)。魚と肉料理を両方にいただける Bコース:2,500円(税込)。

サーブの順番とは異なりますが、画像右上から時

計回りに、白菜とアサリのクリーム・ソースとの塩加減が抜群だった天然スズキのポアレ。季節の野菜&フォアグラ・パテ添えのハーフブレッド。この後の蕪のスープは、画像無し。ブルゴーニュ風・牛すね肉の赤ワイン煮&マッシュポテト添え。

そして、某年のお節・・・一段目:上州牛のローストビーフ、干し柿とフォアグラのテリーヌ、卵の味噌漬け、オマール海老のサラダ、鶏レバーのガトー、地もの穴子の燻製、野菜のブイヨン煮、天然鯛の塩焼き、鴨のロース、オリーブ、ピクルス。二段目:サーモンの冷製&人参のムース、鰆のリエット、渡り蟹と雲丹のタルト、牡蠣のオイル漬け、白味噌のフムス、カヌレ、フィナンシェ、トリュフ・・・ bon appétit !! (^_-)-☆


2018年3月末に惜しまれて閉店。長年、楽しませていただき、ありがとうございました (^_-)-☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)