2018年08月08日

フィッシャーマンズワーフにて

1986年頃のフィッシャーマンズワーフ。ランドスケープ・デザイン:ローレンス・ハルプリン。同様の賑わいを目指した釧路フィッシャーマンズワーフ MOO & EGG(事業主:釧路河畔開発公社、西武百貨店グループ。建築設計:毛綱毅曠)は、採算面では当初から苦戦してしまった。色々な思惑が絡んで迷走する典型例でしたね 😎

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)