2016年07月19日

construction(オブジェ)

ギャラリー・サンコアで購入した加藤直樹さんのターニングポイント的作品(磁器・Nature work. construction)。彼のブログには、「息継ぎの仕方を忘れたまま泳いでいるようなもがき方をしています。ただ目の奥は光をとらえて進んでおります」と。成形した木綿の糸に粘土を付着させ焼成、糸は炭化、消滅。参考価格:100,000円。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)