2018年10月23日

岡山アート回遊

岡山県立美術館(画像)や天神山文化プラザなどの文化施設やギャラリーが点在する岡山市と、玉野市赤磐市瀬戸内市周辺での興味あるイベントをメモ。情報の誤載に留意していますが、確認をお願いします。倉敷編は、こちら

→続きをよむ

2018年10月23日

倉敷アート回遊

大原美術館(画像・左)や倉敷民藝館(画像・右)などの文化施設、ギャラリーが点在する倉敷市と、井原市笠岡市矢掛町周辺での興味あるイベントをメモ。情報の誤載に留意していますが、確認をお願いします。岡山編は、こちら

→続きをよむ

2018年10月22日

21_21 DESIGN SIGHT

先週末、敬愛するイッセイミヤケさんがディレクションされている 21_21 DESIGN SIGHT の企画展:倉俣史朗とエットレ・ソットサス展に参上しました。

倉俣史朗さんとは、編集者とカメラマンの使い走り&荷物持ち時代に、5年間ほど六本木の事務所に出入りさせていただいたし、ソットサスさんからは、デザインを通じて人の有り様を教えていただいたように思っていて、今回の展示は、彼らの

→続きをよむ

2018年10月22日

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

雑然とした駅前の「掃き溜めに鶴」と言ったら怒られそうですが、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は、常設も企画も素晴らしい。猪熊弦一郎さんが美術館正面の大壁画用に用意した原画には、全面に色々な絵が描かれていたそうです。それを建築家・谷口吉生さんが遊びの余白が欲しくなって、ホワイト・インクで消したとのこと。プロの仕事ですね。館長室には、猪熊さん直筆の「美術館は心の病院」という額が飾られています。

→続きをよむ

2018年10月21日

山水図 ー 雪舟 × Leonardo

瀬戸内国際芸術祭2010 のオープニングまで17日と迫った昨夜、宇野港フェリーターミナルのロビー天井に伊永和弘さんの巨大な作品が搬入されました(画像)。

幅3m × 長さ8m のキャンバスに、雪舟の「秋冬山水図・冬」とレオナルド・ダ・ビンチが描いた「螺旋 = 渦巻き」をモディファイ(本人たちの共作かと見間違うごとく、迫力ある筆致で活写)されています。

→続きをよむ

2018年10月21日

ヨシダコウブン → 伊永和弘

2010年7月、MIU ART BOX(2017年4月20日、閉廊)の展示が、ヨシダコウブンさんから伊永和弘さんの作品(画像)に替わりました。会期は、8月31日まで。次回は、シネマトグラフの作品で著名な松居邦明さんを予定しています。

→続きをよむ

2018年10月19日

大原美術館

大原美術館は、昭和5年(1930)11月5日の開館。第2次世界大戦の戦火をもくぐり抜けた、日本国内最初の私立西洋近代美術館。本館がリニューアル前は、階段室に埃を被った看板や脚立が放置されていているなど、とても家庭的な(?)雰囲気でした。今更ですが、倉敷の蕎麦屋で館長・高階秀爾さんと偶然相席になった(笑・2006年7月)ことを記念してエントリー。2017年7月から後援会会員。

→続きをよむ

2018年10月16日

有隣荘にて

昨日は、ヤノベケンジさんの作品展・幻燈夜会有隣荘を訪ねてきました。大原美術館の周辺は、見応え、食べ処も満載なれど、ここに気づかず通り過ぎる人も多く、実に勿体ない(笑)・・・倉敷・美観地区に「とらやん」現わる

→続きをよむ

2018年10月05日

ART BASE MOMOSHIMA

企画展・十字路 - CROSSROAD を訪ねて、百島直島豊島犬島に連なる現代アートの聖地になりそうな予感を感じました。ここに至るまでの経緯は、こちら。画像上は、柳幸典さんのヒノマル・イルミネーション@百島東映再生計画・日章館。メイン会場の旧・中学校を再利用した ART BASE MOMOSHIMA にも柳幸典さんの作品やプロジェクト模型などが展示されていましたが、自分たちが一番印象に残ったのがトイレ(画像下・笑)。驚きと感謝の日となりました d(>_・ )グッ!

→続きをよむ

2018年10月02日

岩居眞覬人 → タイラ・コウ

2006年6月1日、MIU ART BOX(2017年4月20日、閉廊)の展示が、岩居眞覬人さんからタイラ・コウさん作品に替わりました。会期は、6月30日まで。次回は、版画家の塩田 恵さんを予定しています d(>_・ )グッ!

→続きをよむ