2019年03月31日

鮨 魚正(閉店)

10年ほど前、某割烹で偶然に隣り合わせて意気投合し酒を飲み交わした山本洋子さん(写真・左)。その時は、互いに名乗りあわずに別れたのですが、その数年後、初めて訪れた鮨屋でバッタリ、互いに目を白黒、僕は、客でカウンターの外

→続きをよむ

2018年12月22日

大衆食堂・大阪屋の魚定食 (^_-)-☆

「近くに美味しい食堂がありますか?」と、観光客から尋ねられて推薦している大衆食堂・大阪屋の魚定食(550円)。Uno Slope House のゲストもお気に入り。で、英語のメニューも用意されていると聞きました (^_-)-☆

2018年12月20日

ベリー・ブラザーズ&ラッド

ロンドンで1698年に産声をあげた BBR 。画像は、6本(£450.38)購入して某ビストロに持ち込んだ同社のボトリングによるグレンリベットの30年物。メーカーから樽買いして出荷している商品が、メーカー正規品とは別途に流通しているのですね。それにしても、2009年1月現在の英国ポンドは、1年前に比べ対ユーロで30%安(ユーロは、対円で30%安!)。それなのに、日本国内で価格が下がらないのが摩訶不思議です (^_-)-☆

2018年12月20日

カフェまるや(閉店・涙)

「あれっ、もやいさん、どうしょ〜るん?」

「まるやで昼飯を食べようと思ってね」

「今日は、休みちゃう?」 

開店2日目に十河隆史さんたちとお邪魔してから半年。家プロジェクト・角屋の受付案内をしていたお婆ちゃんに呼び止められた。まるやは、すっかり地元にとけ込んでいるようです。 店主の大塚ルリ子さんから「 MIU ART BOX(2017年4月20

→続きをよむ

2018年12月20日

宇野港:una 弁

瀬戸内国際芸術祭 2013 の人気スポット・小豆島豊島直島へ向かう人々で今日も賑わっている宇野港フェリーターミナルで売られている una 弁(「una」とは、スペイン語で「1」の意味。「uno」の女性形。包装紙は、荒木経惟さんの PARADISE シリーズ)。

白米、黒米、赤米、きび等の雑穀おにぎりに添えられている副菜は、鶏の唐揚げ、茄子、オクラ、パプリカ、ニンジンなどの素揚げ甘辛タレ、ピーマンの詰め物、カボチャの白味噌炊き、ニンジン

→続きをよむ

2018年12月20日

豊島:海のレストラン

昨日は、瀬戸内国際芸術祭 2013 で盛り上がっている豊島に上陸。カフェ・イル・ヴェントの姉妹施設・海のレストランにお邪魔してきました。設計は、建築家・二俣公一さんが主宰する CASE-REAL。施工は、心臓音のアーカイブも手掛けたナイカイアーキット。いただいたのは、鯛の漬け丼(画像下:1,200円)。ロケーションも、料理も、シェフやマネージャーさんの気配りも、スタッフの動きも、サーブ陣も心遣いにも好印象を持ちました。満足感あり。お勧めです (^_-)-☆

2018年12月15日

海むすび

タコ飯とエビ天のにぎりめし2個入りセット(500円・お新香付)・・・米屋のにぎりめし・山田村が、地中美術館と共同開発した NAOSHIMA STANDARD 2 の企画期間限定商品。羽釜を使って炊いてます! アルカリ還元水を使ってます! お米は、会津と岡山のコシヒカリをブレンドしています! 自然塩を使用しています!すべて手で握ってます! ですって 😊

2018年08月19日

ムスタッシュ

フレンチがベースなので、ビストロかな? スープ、サラダ、魚料理、肉料理とワインをグラスで数杯で予算は、10,000円(1名)ほど。伝説のオムライスは、チキンではなくビーフを、塩はゲランドのフリュードメール(海の果実)を使用しています。是非、ご賞味下さい。

先日、パートナーとお邪魔したら、マスターが食後に大好きなシングルモルト・マッカラン25年をご馳走して下さった。完璧! (^_-)-☆

→続きをよむ

2018年05月12日

フチューラ・フルールにて(閉店)

先週の火曜日、予約無しで飛び込み無念の涙を飲まされた倉敷のビストロ・フチューラ・フルールのリベンジ・ランチ(笑)。魚と肉料理を両方にいただける Bコース:2,500円(税込)。

サーブの順番とは異なりますが、画像右上から時

→続きをよむ

2017年09月28日

山もと

かつて西の横綱と称された岡山の名店・魚正のお孫さんが営んでいる鮨屋ですが、本店に気兼ねして足を運ぶことが出来ませんでした(笑)。

ご主人:「お久しぶりです」
もやい:「やっと、来ることができました」

食事中のお心遣い、ありがとうございました。画像( iPhone 3GS のカメラ描写は、それなりですね)のアップ、ご容赦下さい(^^;)