2018年08月03日

経県値と経国値(^^;)

現在、MIU ART BOX に展示中の国旗をモチーフにした作品・アメイジング・グレイスにインスパイアされた訳ではありませんが、改めて経県値経国値(Visited Countries)を確認・・・ほとんど20〜30歳代の足跡です(涙)。

元気な内に欧州と中東を、老後は、国内をじっくり腰を据えつつ廻りたい(^^;)

2017年10月06日

複式簿記

「人智の産んだ最も立派な発明の一つ」であるとか、「ユークリッドの原理と相ならぶ絶対的原理である」という評価も、然もありなんと朧気ながら思えるようになった複式簿記

日本で使われるようになったのは、福澤諭吉が米

→続きをよむ

2017年10月02日

自然葬とは

海や山などの自然に死者(遺灰)を帰したいと思うソレと、山を切り崩し、もっともらしい凸凹を造成した土地に、高額な対価を払って遺骨を埋葬したいと思うアレとの間には、どのような着想が介在しているのでしょう。

縄文人は、死者を葬る洞窟の入り口に野の花を手向けたと言われますが、葬儀とは、人々のどのような意識の中で育まれてきたのでしょうか。 良き空間とは、無益に考えられてこそ得られると、僕は思うのです。

→続きをよむ

2017年10月01日

猫の眼力

彼氏を見捨て拙宅に入り込んでから5年。ミュウの日課は、2階の小さな窓から僕の帰宅を見張ること(画像上)。食事へのおねだりが、その根拠なのだけれど、30m 先からでも姿を見極め、1階の玄関まで迎えに来るのには驚く。そして、他人には、まったく反応しない。猫の視力は、0.1〜0.2 だというので、この距離では、ぼんやりとした画像のはずなのに、薄暗い防犯灯の下でも、傘で上半身が隠れていても、ほぼ間違えることはない。歩くリズムで判断しているのだろうか?

→続きをよむ

2017年10月01日

元気が何より (^_-)-☆

キリスト教信者が多いアメリカでは、64%の人が「人間は神の手で作られたと信ずる」と回答するという。それはともかく、当家は、祖父の子(僕の叔母)、父の子(僕の妹と弟)、弟の子(僕の甥)と双子が3代続く家系。しかも、祖父母の子、孫、曾孫、玄孫が、今年も誰一人として欠けることなく新年を迎えようとしている。そんなこんなで、記念投句?

甥っ子に 値踏みされてる 年の暮れ

2017年09月29日

睡眠預金 (-_-)zzz

学生時代、西武池袋沿線が生活圏だったのに、何故か、山手線・渋谷駅近所の八千代信用金庫(現・八千代銀行)が仕送りの振り込み先にしていて・・・ATMの無い時代、何故そのような処に口座を開いたのか謎ですが・・・

先日、某国会議員の「睡眠預金(資産)」を国の財源として確保したい旨の発言をしたのを聞いて・・・そういえば、あの口座にも確か、1,000円単位の残額があったよなぁ、と、30数年前を振り返ったのでした(^^;)

→続きをよむ

2017年09月14日

10円札と1000円札のナゾ

梅雨の中休みの週末、弊社スタッフが貸してくれた「戦争を知らない戦後50年」(毎日新聞社刊・1995年発行)というムック本を捲っていたら「10円札のナゾ」という記事に出くわした。

この話題、ネット上でも散見されるし、年配の方々の間では、一種の都市伝説として語り継がれているようですが・・・(^^;)

→続きをよむ

2017年09月14日

2022624761.jpg親父の背中をナイフで斬りつけシャツが無音で裂けたが、血は出ない。破れたシャツから見えたのは、かなり古いナイフの傷跡・・・この夢が、なぜ陽水とリンクするのか? 自分では何らかの意味づけをした筈だが、もう忘れてしまった。ただ、先日も陽水を知っている人から、顔も声も話し方までソックリですねと言われた。特に目元が似ているらしい。若き日、かなり影響されたからなぁ。写真は、ご本人ですからね、念のため (^^ゞ

→続きをよむ

2017年09月04日

為替レート

昨年末から円高、米ドル&英国ポンド&ユーロ安が進行中ですが、リーバイスのジーンズやスコッチ・ウィスキーの実勢価格には、なかなか反映されない昨今・・・為替レートって単純なようで、摩訶不思議な世界ですね(^^;)

→続きをよむ

2017年08月15日

Over the rainbow

Somewhere over the rainbow
Way up high
There's a land that I heard of
Once in a lullaby

Somewhere over the rainbow

→続きをよむ